妊娠線を防ぐには保湿クリームだけでなく、石鹸から見直そう

妊娠初期からケアをした方がいいのかな?とも思いましたが、妊娠初期はつわりがきつくて、妊娠線予防クリームのにおいがどうしてもダメで諦めました。季節的にも春~夏にかけてでしたので、乾燥に悩まされることもありませんでしたので。しかし妊娠線は一度できたら元には戻らないと雑誌にたくさん書いてありましたので、相当ビビッていました。

妊娠中期くらいからお腹が少し図t大きくなりはじめたため、妊娠線予防のためにクリームを塗ることにしました。それと同時に、定評のあったバイオイルも一緒に使ってみました。朝起きたときはクリームを、お風呂上りには乾きる前にバイオイルをたっぷりと塗ります。クリームは妊娠線予防のものだと結構高かったので、普通にドラッグストアで手に入るしっとりめのクリームです。高いクリームをケチケチ使うより、安いクリームをたくさん塗った方がいいのでは?と思ったからです。クリームとバイオイルのケアで最初は問題なかったのですが、だんだんとお腹に湿疹ができてくるようになり、痒くてたまらなくなりました。

お腹が大きくなってきて、皮膚がついてきていない感じでしたので、クリームをひたすら塗りまくります。仕事をしていなかったので時間があればすぐに塗ります。それでも乾燥して痒みがおさまりません。どうしたものかと悩んでいたときに、ためしに石鹸専門店に行ったので、試しにの潤いたっぷりの石鹸(ハチミツの石鹸)を使ってみることにしました。

石鹸でそんなに変わるなんて全く思っていなかったのですが、使ってみてびっくり!!その日から湿疹が消えたんです。そして徐々に痒みもおさまってきました。お腹が大きくなってからも多少の痒みはあるものの、以前のような湿疹ができたりすることはありませんでした。妊娠すると体質や肌質が変わったりするそうなので、市販の石鹸やボディーソープが合わなくなっていたのかもしれません。

参考 石鹸の危険性|厚生労働省

しっとりの石鹸で体を洗い、安いクリームやバイオイルでお腹や太ももをたっぷりとクリームで塗る。特に妊娠線予防のクリームは使いませんでしたが、自己流の方法で最後まで妊娠線はできませんでした。第二子のときもやはり妊娠中は普通の石鹸ではダメになったので、石鹸専門店の石鹸を使うとお腹がつっぱった感じもなく痒みもなく、妊娠線はできませんでした。クリームだけでなく、なるべく低刺激のしっとりとした石鹸で体を洗うことも大切なのでは?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です